ジョセフの日記

Haskellのこととか日常のこととか

リスト操作による巨大数

なんとなく作りました。増加速度とかは知りません。
プログラムだけ置いておきます。

続きを読む

1次元セル・オートマトン

お久しぶりです。久々にHaskellしました。
今回は感覚を取り戻すためにセル・オートマトンを作りました。
もっと綺麗に書けるのではという気持ちでいっぱい。

プログラムを実行するとまずルールに対応した次の状態への遷移方法を出力し、その後何ステップ描画するかを入力した後に、セルオートマトンが発展していきます。

コードは中です

続きを読む

多変数アッカーマン関数

今回は多変数アッカーマン関数です。
Haskellでは2変数アッカーマン関数はただ定義通り書けば素直に動いてくれます。
サンプルプログラムにもよく使われます。

しかし、多変数アッカーマン関数となると話は別で定義は簡単なのにプログラムに起こすとゴチャゴチャしました。
もっと綺麗に記述する方法はあるはずですがもう思いつきません。
多変数アッカーマン関数についての詳細は以下のリンクをご覧ください。
ja.googology.wikia.com

プログラムなどは続きを読むからどうぞ。

続きを読む

ふぃっしゅ数バージョン2

ロマンがありますよね、巨大数。
ということで、ふぃっしゅ数バージョン2です。
詳しくは以下のリンクを参照してください。
ja.googology.wikia.com
プログラムの方は続きを読むからどうぞ。

続きを読む

ふぃっしゅ数バージョン1

またも巨大数研究wikiから練習になりそうな関数を拝借させて頂きました。
ふぃっしゅ数バージョン1については以下のリンクを参照してください。
ja.googology.wikia.com
ふぃっしゅ数バージョン1の肝は(おそらく)SS変換なのですが、数が大きすぎてそこまで計算の確認が出来てないです。

プログラムは続きを読むからどうぞ

続きを読む

ベクレミシェフの虫 part2

前回は定義そのままを計算してただけなので、今回は少しだけ再帰を減らすような計算を入れてやりました。
プログラムなどは続きを読むからどうぞ

続きを読む

ベクレミシェフの虫(2/5 18:42更新)

あまりHaskell(GUI関係)をする気になれなかったのでHaskell(それ意外)をしてました。
再帰関数について調べたら久々に巨大数wikiでも見てみるかと思い立ったので、ベクレミシェフの虫という一人ゲームをプログラムに書いてみました。
ベクレミシェフの虫について詳しくは
ja.googology.wikia.com

こちらを読んでください。

プログラムや遊んだ結果などは続きを読むからどうぞ。

続きを読む